レイクALSAとアイフルの比較

レイクALSAとアイフルは、どちらも低金利・高額融資を売りにしたキャッシングです。

以前はライバルとされていた両者でしたが、現在はレイクALSAの運営元が銀行になったことで、差別化が図られています。

差別化された点は、貸付額の増額、スタッフの対応力の向上などです。

貸付額は総量規制の対象外となったことで、以前よりも高額融資が可能となりました。

スタッフの対応は、新生銀行のマニュアル導入により、以前よりもスピーディーとなっています。

レイクALSAとアイフルはどちらがお得?

レイクALSAとアイフルはライバルと称されることが多いです。

両者の金利は、レイクALSAとアイフルともに4.5%~18.0%となっています。

利用限度額は、レイクALSAが最高500万円、アイフルが最高300万円となっています。

契約方法は、どちらも即日審査・融資が可能となっております。

両者を比較すると、利用限度額においてレイクALSAのほうが優っているため、高額融資を希望する方はレイクALSAを選ぶメリットが高いと言えます。

運営元が銀行か消費者金融か

レイクALSAの運営元は銀行、アイフルは消費者金融となります。

総量規制が適用となるのは消費者金融であり、銀行は適用外となります。

そのため、年収の3分の1超の融資を希望するならば、レイクALSAでなければ無理です。

消費者金融の場合、総量規制によって貸付上限が年収の3分の1までと決められているのです。

銀行キャッシングのメリット

現在は、銀行と消費者金融のキャッシングの金利・貸付額に大きな差はなくなっています。

審査ハードル、融資スピードにも大きな差はありませんが、総量規制、接客力においては銀行に軍配が上がります。

高額融資を受けたい方、紳士的な対応を受けたい方は、銀行キャッシングのレイクALSAを選ばれるとよいでしょう。

【レイクALSA貸付条件】

ご融資額などお借入れに関する諸条件です。

満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。

※お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0% ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率)20.0%
ご返済方式残高スライドリボルビング方式 元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回) ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類運転免許証等 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人不要
  • ・貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。
  • ・レイクALSAが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関:日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
  • ・ご契約には所定の審査があります。
  • ・2018年4月現在
  • ・商号:新生フィナンシャル株式会社
  • ・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号