キャッシングの履歴を照会するには

キャッシングの履歴は、信用情報機関に登録されています。
キャッシングの審査では、金融機関が信用情報機関に今までのキャッシング履歴の開示を求めます。
そのため、審査でウソをついても無意味なのです。
過去に何度も延滞履歴があるのに、「延滞したことはない」などと言っても無駄なのです。
ウソをついて信用を落とすくらいならば、最初から事実を述べたほうが信用を落とさないだけいいでしょう。

キャッシングの履歴は利用者も照会できる

キャッシングの履歴照会は、金融機関しかできないと思われるでしょうが、これは利用者も可能なのです。
信用情報機関にデータ開示を求めるだけです。
窓口、携帯電話、郵送などによる開示方法がありますが、いずれの場合も有料となっています。
500円~1,000円程度の手数料がかかりますから、通常は履歴の照会を求めることはしません。

ブラックリストとは

ブラックリストへの登録は5年程度だと言われています。
登録から抹消されても、その事実が伝えられることはありません。
登録状況を確認するためには、信用情報機関に履歴開示を求めるしかないのです。

ブラックリストに登録されている状態では、審査に通ることはありません。
「債務整理をしてから5年くらい経過するので、ブラックリストから抹消されたか調べてみたい」
といった場合は、信用情報機関に履歴開示を求めてみましょう。

利用履歴が白の状態とは?

キャッシングの利用履歴が白の状態をホワイトリストと呼びます。
ブラックリストの対義語であり、ローンをいちども利用したことがない状態です。

ホワイトリストの場合、審査は厳しくなると考えていいでしょう。
ローンの利用経験がないため、信用の基準が存在しないためです。
ホワイトリストにならないためには、若いうち(20代~30代)
キャッシングを利用しておくといいでしょう。

【レイクALSA貸付条件】

ご融資額などお借入れに関する諸条件です。

満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方(パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。

※お取引期間中に満71歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。

ご融資額 1万円~500万円
貸付利率(実質年率) 4.5%~18.0% ※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 満20歳~70歳(国内居住の方、ご自分のメールアドレスをお持ちの方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率)20.0%
ご返済方式残高スライドリボルビング方式 元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数最長8年・最大96回(ただしカードローンは最長5年・1回~60回) ※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類運転免許証等 収入証明(契約額に応じて、当社が必要とする場合)
担保・保証人不要
  • ・貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。
  • ・レイクALSAが契約する貸金業務にかかる指定紛争解決機関:日本貸金業協会 貸金業相談・紛争解決センター
  • ・ご契約には所定の審査があります。
  • ・2018年4月現在
  • ・商号:新生フィナンシャル株式会社
  • ・貸金業登録番号:関東財務局長(9) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号